2011年11月25日

福知山マラソン2011

 2年ぶり5回目の福知山マラソンに参加しました。渋滞を避けるために朝4時半起きで出発することが多いですが、今回は数日前にキャンセルがあったところにうまくハマり、前泊が可能となり、大変ラッキーでした。

 前日の天気予報は午後から雨。どう考えても一番しんどいところで雨に打たれながら走るか〜と不安になりましたが、これまたラッキーなことにほぼ1日中曇りで、最高のレースコンディションでした。

 そんな中、午前10時半にスタート。以前より前のブロックでスタートできたせいか、スタートラインを越したのは号砲から2分遅れ。いつもは渋滞する数キロもまあまあ走れた感じでした。

 そのせいか、10キロの通過は自分の時計で約50分。いつもより2、3分早いペースです。流れに身を任せ、自分の体が覚えているペースで走っていきました。次の10キロも約50分。そろそろしんどくなる25キロを過ぎてもキロ5分のペースを維持できていました。

 このままいけば、福知山で3時間40分を切れるかも?という期待が出てきたとたん、来てはいけない失速モードが29キロからぼちぼちとやってきました。いよいよ、「苦行」の始まりです。個人的には省エネ走法ですが、たぶんまわりからは早歩きにしか見えないと思います。

 キロ5分のペースがキロ6分に。ついに38キロからはSTOP&GOの繰り返し。30〜40キロの時間は約58分。そして、福知山マラソン最大の難所ラスト1キロ余りの上り坂。今年こそ駆け上げるぞ!という事前の意気込みも虚しく、そんな気力も体力も残っていませんでした。

 結局ゴールはネットタイムで3時間44分36秒。2年前の記録よりは5分以上短縮できましたが、ベストには遠く、私の中では極めて平均的なタイムでした。これが今の実力なんでしょうね。今年は事前の走り込みを強化したので、長期低落傾向に歯止めがかけられたものの、福知山での3時間40分切りは来年以降への持越しです。

 今回は、大阪、神戸と立て続けに抽選から漏れ、この福知山になったわけです。昨年はいびがわを走り、改めてこの福知山マラソンの運営レベルの高さを感じました。ランネットの評価でも神戸マラソンは初回ということもあって結構いろいろ言われているみたいですが、福知山マラソンは概ね高評価です。ボランティアの皆さん、沿道の皆さんに感謝です。

 来年の京都マラソンには参加できませんが、ボランティアに出てみようかなという気になりました。気持ちよく走れるために何かお手伝いできればいいですね。

 今回も学びの多い「秋の苦行」でした。次は来年3月の篠山。やるぞ!!!

posted by つゆ☆チャン at 08:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: