2011年07月27日

なでしこ力〜さあ、一緒に世界一になろう!

なでしこ力.jpg

 著者 佐々木則夫 講談社 1200円(税別) 平成23年1月初版

 私たちに感動を与えてくれた、なでしこJAPANの佐々木監督による著書。優勝後、本屋さんで見ないなと思っていたら、帯が変わって再登場。もちろん「ワールドカップ優勝」という文字がしっかり入っていました。

 それにしても、今となっては優勝することに関して相当の確信があったのだ、と思わざるを得ませんね。本の中身もなでしこJAPANの最近の戦績や試合の分析、さらにチームへの働きかけ、チームメンバーの動き等うなずくことばかり。

 ワールドカップ優勝は奇跡ではなく(多少の運があったかもしれないけれど)、過去からの延長線上にしっかりと位置付けさせていたのだとわかります。その布石がしっかり打たれていたことがよくわかります。

 そして女性のチーム作りの難しいこと。男性の思考や視点ではどうにもならないことも理解しての取り組み。これはビジネスでも女性が多い職場での関わりのヒントになります。

 あの偉業を達成した今、本当に日本の誇れるなでしこJAPAN。引き続き、ロンドンオリンピックも期待が高まります。今度は日本の未来のエース岩渕真奈選手がやってくれるかも知れませんね。
posted by つゆ☆チャン at 23:32| Comment(0) | 書評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: