2010年05月19日

MBO研修in病院100517

 先日顧問先の病院でMBO研修を実施。初めての導入なので、管理職、リーダークラスほぼ全員に集まっていただきました。

 MBOを導入して最初につまづくのが、目標設定の書き方です。何をどのように書けばいいのか?相当戸惑う様子が見受けられます。

 SMART法は説明するものの、そんな短時間で理解に至るわけではありません。やはり、実際に書いていただいた生のMBOシートに「突っ込み」を入れた方が効果的。

 以前研修を行った病院では、「赤ペン先生」を対象者全員に行いました。その添削結果にショックを受ける師長さんも・・・・。

 今回は、既に提出いただいたMBOシートを講義を受けて修正し、その修正分について私からアドバイスをさせていただきました。

 ・この目標は何のためにやるのか?
 ・現状の認識はどうか?
 ・ゴール時点でのイメージは明確か?
 ・ゴールに行くまでのシナリオはシュミレーションしたか?

 目標はスローガンであってはいけない。ビジョンであってはいけない。達成できたかどうかを検証できる具体的なものにするためには、少々考えないと表現できません。

 この病院のマネージャー・リーダークラス全員が他人・他部署の目標も把握し、お互いに協力し合いながら、目標を達成していくことが理想です。

 その第一歩を確実に踏み出したわけです。外部コンサルタントとしては、彼らが最終的に設定した目標に向かってコーチングを行い、望む成果を手にすることができたら、この研修は意味あるファーストステップになります。

 私自身もゴール設定を行いながら、一緒にがんばっていきたいと思っています。
posted by つゆ☆チャン at 19:45| Comment(0) | 人事労務
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: