2010年04月07日

人事制度説明会in病院

 4月4,5日と2日間にかけて人事制度変更に伴い職員向けの説明会を行いました。病院というところは24時間稼動なので、通常の企業のように全員集合することができません。今回は1日30分を4回、2日間で8回となりました。

 職員にとっては、給与は最も関心のあるテーマの一つだと思います。「がんばってくれている人には相応の給与を支払う」という当たり前のコンセプトに基づき、制度を構築しました。果たして、その目的や思いが伝わっているのでしょうか?

 コミュニケーションの学習をした人なら、話す方と受け取る方に何らかのギャップがあるのが当たり前ということがわかります。したがって、ギャップがあることを前提に伝える必要があります。

 病院側の意図と違うように取られると、職員の大きな関心事ゆえに働くモチベーションを落とすことになり、せっかく構築した制度も意味を成さなくなってしまうことが困ります。

 制度変更に伴って給与ダウンはない!と断言しているので、聞く職員側も多少安心していると思います。ただ、イキイキと楽しく働き職員満足度は高いというレベルにはまだまだ到達できていません。

 この病院のミッション、ビジョン、シナリオを見せることが大変重要です。人事制度定着のためにも、「いい医療サービスとは具体的にどんな行動をすればいいのか」を分かりやすく伝えられる資料作成を進めていく予定です。

 外部コンサルタントが関われる領域には限界がありますが、できる限り経営者の良き意図を管理職や従業員に翻訳して100%伝えるという永遠の課題に向けて学びの成果を仕事に反映したいものです。

 
posted by つゆ☆チャン at 13:36| Comment(0) | 人事労務
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: