2010年03月01日

チャレンジするか否か

 バンクーバー五輪・男子フィギアスケートで、銀メダルに終わったプルシェンコ選手が「4回転を跳ばない金メダリストはあり得ない」という不満を漏らしたとの記事があった。

 男子では4回転、女子では真央ちゃんの3回転半は難易度の高い技である。しかし、フィギアスケートはジャンプだけで採点されるわけではないことは十分ご承知のことと思う。

 いわゆる安全策を100%決めて、勝つことは重要。金メダルのライサチェク選手もキムヨナ選手も空気を変えるほどの完璧過ぎる演技。それに対してプルシェンコ選手も真央ちゃんも明らかなミスがあった。

 では、仕事ではどうか?そもそも4回転を跳ぶような場面があるのか?ということは抜きにして、ミスを承知で、4回転を跳ばせてくれる会社や上司がいれば、非常に嬉しいもの。

 もちろん、ミスした結果の責任は本人が取る必要があるが、誰かがどこかでカバーできる体制であれば、長い目でみればトータルOKということになる。

 基本は100点満点で当たり前。そのレベルを超えるには、どの組織でもチャレンジは欠かせない。そつなくまとめるというだけでは物足りない。周りのうならせるほどのまとめ方、つまり徹底した仕事ぶりとでも言えばいいのか。それも実はチャレンジ。

 誰もがあの2人の金メダリストのように完璧すぎる演技ができるわけではない。それに至るまでのプロセスは十分にチャレンジングである。間違っても、シンボリックな技だけに気を取られるとおかしな議論になってしまう。

 チャレンジのない仕事はあり得ない。どんなチャレンジを選択するのかが重要。あらためて、オリンピック選手の究極の演技を見ながら感じたことでした。選手の皆さん、ありがとう!
posted by つゆ☆チャン at 10:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: