2010年03月01日

おふくろの味

 昨日は一日引越し業者であった。長男が大学卒業まであと1ヶ月のところで、下宿を引き払い自宅に戻ってくるためだ。3月25日には入社式があり、しばらく東京近郊で研修を受けることになっている。3月まで今の所にいればいいのだが、なぜか「お母さんのご飯が食べたい」ということらしい。そのことを以前妻に伝えた時には、満面の笑みで喜んでいた。(その笑顔を夫に対してもできんか!)

 信じられない!私も大学からは親元を離れていたけど、実家に帰りたい等一瞬たりとも思ったことはない。自由気ままで、友達で会える環境は手放せばなかったものだ。親からの干渉や介入はゴメンだ、という気持ちが強かった。

 最も、3週間の実家暮らしとは言え、たった2年半でこんだけ荷物があるか〜という位。天王寺近くのトランクルームを借り、自宅に運べないものはわが事務所に一時避難し、オデッセイの2,3列目を全部つぶして満載で帰ってきた。

 決して広くない家に、大人一人と付随する荷物。さらに増えるであろうストレス。はたして、おふくろの味で、そのあたりがまろやかになるんだろうか?
posted by つゆ☆チャン at 10:20| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: