2010年02月12日

リーダーの教科書

[_[.jpg

 著者 新 将命 ランダムハウス講談社 1600円(税別) 08年11月初版

 日本コカコーラ、ジョンソンエンドジョンソンなど有名外資系企業の社長を歴任された著者がリーダーシップの要諦を記した本です。リーダーシップについて試行錯誤しながらも実践している人なら、あらためて自分のリーダーシップの状態を確認し、おそらくいろいろ学んできたリーダー論を整理するには適した本かと思います。

 特に印象的であったことをいくつか紹介します。
「願望で成功した人はいない」
 ・願望を目標に変換すること。
 ・目標=願望+時限設定+行動計画
 ・長期と短期の両方の目標を持つ

「疲労感・疲弊感、閉塞感の3Kはなぜ起こるか」
 ・会社や自分自身の方向性が見えない
 ・上司や会社から何を期待されているのかわからない
 ・自分の仕事の業績が、どう評価されているのかわからない
 ・自分に対する評価が、処遇に結びついていない
 
「絶対にやってはいけない仕事」
 ・自社の強みを生かしきれないことはやらない
 ・企業イメージやブランドイメージを損ねることはやらない
 ・継続性のないことはやらない
 ・単なる他社のまねはやらない
 ・儲からない仕事はやらない

「あなた自身が「人財」になることが最優先」

 以上のようなことは今までさんざん読み聞いてきたことばかりです。ただ、実行していなかったり、基本通りにしてこなかったことは反省材料です。

 他には、「リーダーには徳が必要」と内容もありました。ここを衝かれると、今現在の私に足りない部分と正直に認めざるを得ません。学びの旅はリーダーシップの旅でもあります。まだまだ道半ばですが、歩み続けます。
posted by つゆ☆チャン at 11:44| Comment(0) | 書評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: