2010年01月24日

ねんきん定期便

 最近、私のところにもねんきん定期便が送られてきました。内容を見て、漏れや誤りがないことが確認できました。

 参考になったのは老齢年金の見込額。あくまで、今の状態を続けた場合の金額です。大幅な保険料納付の変更や年金制度そのものの変更がなければ、この程度の金額が受給できるはずなので、65歳以降いくら足りないかが分かります。

 リアルに数字で見込額を知らせることはいいことです。健全な生活をしていく上で、生命保険協会などは月25万円としていますが、少なくても20万円は必要です。

 世代によって住宅ローンや教育費の負荷のかかり方が違いますが、少しずつでも貯蓄しておかないといけません。

 よく言われるのが60歳現金3000万円説。もちろん、この時点で住宅ローンは完済し、教育費もありません。年金15万円として、不足10万円を補填するために、60歳以降もしばらくは働くということが前提です。(大企業や公務員のように多額の退職金はないものとする。)

 ちなみに私の場合は、一生涯現役で働かないといけないみたいです。
posted by つゆ☆チャン at 22:05| Comment(0) | セカンドライフサポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: