2009年11月30日

試用期間

 文科省のデータによると、1年間の試用期間によって退職となった教員は315人という。この数字が多いのか少ないのかはよくわかりません。

 ただ、公務員には試用期間が1年というのが驚きです。通常、民間会社では試用期間が1年はまずないです。通常、3ヶ月から6ヶ月。ある意味、教員になるにはハードルが高い?とも言えます。

 であるならば、会社でも試用期間は1年にすれば、多くの問題社員は排除できるはず。やはり、会社防衛のためには、試用期間はできるだけ長く取るべき、と思った次第です。
posted by つゆ☆チャン at 23:01| Comment(0) | 人事労務
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: