2009年10月30日

配偶者が失業中は被扶養者になれるか?

 最近顧問先から相談があったので紹介します。

 ある女性従業員の夫が会社を退職したので、夫を健康保険の被扶養者にする手続をしてほしいという依頼がありました。

 おそらく無職のまま過ごすということは考えにくいので、雇用保険の基本手当をいつからどの程度受給される予定かを確認していただくことになりました。

 確認してみると、結論的には被扶養者になれないことが分かりました。社会保険の被扶養者の年収条件は年130万円です。仮に基本手当日額が5000円ならば、5000円×30日×12ヶ月=180万円となり、130万円基準を超えてしまいます。

 したがって、少なくとも雇用保険の基本手当受給期間中は被扶養者になれないことになります。

 ちなみに、大学生の子どもがアルバイトで稼ぎすぎると、年換算130万円を超え、扶養から外れることになってしまいますので、アルバイトのし過ぎにはご注意を!勉強させましょう。
posted by つゆ☆チャン at 21:03| Comment(0) | 人事労務
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: