2009年10月30日

JAL再建案〜企業年金引下げ

 日本航空の再建案が日に日にリアルになってきています。飛行機に乗る機会がないので、日本航空がどうなろうとそれこそ雲の上の話です。ただ、企業年金をOB分も含めて減額するかどうかが私的には極めて関心事です。

 3314億の積立不足を解消するには、現役だけでなくOBの同意も欠かせないところです。OBからすると話が違うと立腹されるのも当然のこと。過去発信したメルマガでは、減額に関してOBの2/3以上の同意を得ることは困難な情勢にあるとお伝えしました。

 しかし、再生チームは、同意できる見込みがなければ、特別立法で強制的に減額する措置も検討するとのこと。えらいことするな〜と思うなかれ!既に公的年金は法律改正でどんどん減額されてきました。

 一企業におけるOBの年金は聖域でないはず。会社存亡の危機において「高すぎるレベル」を「通常のレベル」に引き下げることは当たり前のこと。

 厚生労働省の管轄にある先行き厳しい企業年金は即解散するようにしてはどうでしょうか?企業規模を問わず、運用リスクをまともにかぶることは決して企業の存続にはプラスに働きません。今回の日本航空の件をきっかけにして、企業年金問題を抜本的に取組んでほしいものです。
posted by つゆ☆チャン at 20:45| Comment(0) | 人事労務
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: