2009年09月30日

新型インフルエンザ時の休業手当

 社会的に新型インフルエンザの感染が拡大しています。ただし、春先のように全員がマスクをしているという異常な光景は、関西では見られません。私自身もマスクはしていません。

 さて、本人や家族が新型インフルエンザに感染すると、自宅待機とし、休ませる場合が出てきます。こんな時、いわゆる休業手当を支払う必要があるのかどうか?判断に迷いませんか?

 最近、厚生労働省からQ&Aが出ましたので、紹介します。
         ↓
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/20.html

 つまり、明らかに法令に基づき本人が労働の提供ができない場合以外は、休業手当の支給が必要になります。万が一感染の可能性がある従業員を出社させた場合、それなりのリスクはあるわけで、悩ましいところです。

 ちなみに、台風など自然災害で休業となった場合は、休業手当の支払は必要ありません。会社の責任ではないからですね。台風が来ているので、早く帰宅させる場合など時間分賃金控除してもかまいません。

 以上、ご参考まで。
posted by つゆ☆チャン at 09:59| Comment(0) | 人事労務
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: