2009年09月27日

PHPビジネスコーチマスタリーコース09秋

 先日25日(金)は京都駅南にあるPHP研究所でビジネスコーチングマスタリーコースを受講。PHP主催のビジネスコーチ養成講座の修了生だけが参加できる限定講座です。

 平成18年1月以来、この会場には約20回は通ったと思います。いわば、私のとっての学びのホームグラウンド。講師の田近先生を始め、講座の先輩、同期、後輩と会うことで、学びのスピリットが刺激されモチベーションが上がります。

 さて、今回の講座テーマは「メタ・スキル」。メタは「○○を超えて」という意味です。何かをするには当事者としてどっぷり浸かりながら行うと同時に、その姿を俯瞰している視点も必要です。

 研修を進める上で、どのように「気付き」を与えるのか?は講師としての重要なスキルです。それが促進されるような研修プログラムになっているかどうか?そもそも自分自身の気付きのプロセスを知らなければ、効果的に相手に気付きを与えることはできません。

 今回は気付きのプロセスをメタレベルで考えようという内容でした。「わかる」と「できる」は格段に違うだけに、まだまだ学びの途上です。別の言い方をすれば、まだまだ進化できる可能性も感じます。

 人や組織の成長のために、今回学んだ「メタスキル」をどのように活用するか?なかなかハードルの高い課題です。いくつかのヒントはいただいたので、機会をみて使ってみようと思います。 
posted by つゆ☆チャン at 13:27| Comment(0) | 学びの旅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: