2008年04月20日

60歳で年金請求してますか?

 社労士なので一般人よりは年金については詳しいのは当たり前ですが、ずっと気になっていることがあるので書いてみました。顧問先へは伝えていますが、60歳以上の従業員が年金を請求する手続きをしていないことに驚かせられます。

 年金は支給開始年齢になれば国が勝手に振り込んでくれるわけではなく、あくまで裁定請求書を社会保険事務所に提出しないと支給されません。

 よくある勘違いは、60歳で受給すると年金額が減額されてしまうというもの。ずっと自営業者で国民年金のみという人には該当する話ですが、サラリーマンとして厚生年金に加入していた人は当てはまりません。請求を怠ると時効になって受給権がなくなり、国が喜ぶだけの話です。

 身近な人で60歳を超えて年金を受け取っていない人がいらっしゃれば是非社会保険事務所に年金手帳を持って相談に行くよう勧めてくださいね。もちろん、年金納付記録の確認も合わせてしてください。
posted by つゆ☆チャン at 23:49| Comment(0) | セカンドライフサポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: