2008年04月04日

後期高齢者医療制度名称変更

 今月1日からスタートした75歳以上の方の「後期高齢者医療保険制度」の名称をめぐって舛添大臣と自民党厚生族がバトル勃発?

 確かにね、「後期高齢者」ってどうよ、と突っ込まれても返す言葉がないくらい事務的な名称。これを通称「長寿医療制度」と名付け使っていきたいという政府の思惑。目的はこの世代の医療費削減なので、耳障りのいい名称を使ってもらっても、同じなんだけどね。

 社労士の業務にも多少ですが影響あります。75歳以上の被保険者や被扶養者は4月からこの制度の適用されるので、健康保険の資格喪失手続をする必要があります。そんな手続は社会保険庁で自動的にやってほしいところ。

 しかも、対象者がいる会社宛に資格喪失届を郵送するらしいのですが、4月入ってから送付。ちょっと遅いじゃないの、と言いたくなります。

 4月1日から始まることわかってるんじゃないの?今回は私自身も唐突かつ準備不足を感じます。解体寸前の社会保険庁の職員にそんなことを求めるのは酷なんでしょうか?それどころではないのかな?
posted by つゆ☆チャン at 12:50| Comment(0) | セカンドライフサポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: