2008年03月25日

後期高齢者医療制度

 今年4月から始まる75歳以上の人の後期高齢者医療制度。社労士として何か手続をすることがあるのかないのか?よくわかっていません。そんな状況で、最近対象者への案内が始まっているようです。私も顧問先から「資格喪失証明書」なるものが届いているんだけど、どうすればいいんですか?という連絡をいただきました。

 問い合わせ第1号なので、どうしたらいいのかを確認するために社会保険事務所へ電話。ところがどの社会保険事務所も電話中で繋がりません。ようやく繋がった東大阪の社保担当者の回答で手続の流れは理解できました。

 そこで疑問・提案。
 社会保険庁のHPやパンフレットには、75歳以上の人は自動的にこの後期高齢者医療制度に加入するとなっていますが、今まで加入していたところへはどんな手続をするのかを一切記載されていません。国保や政府管掌では細かい手続は違うんでしょうが、せめて政府管掌の健康保険制度では具体的にどうするとアナウンスすればどうでしょうか?

 それからもう一点。保険者側では誰が対象者か判っているんだから、この時期には対象者の資格喪失書類を送付しておくべきではないでしょうか?会社担当者が社員の扶養者年齢まで正確に把握しているとは思えません。

 何か社会保険事務所の窓口は4月は混乱しそうないやな予感。社会保険事務所の担当者の方々、今からでもやれることあるんじゃないの?
posted by つゆ☆チャン at 15:05| Comment(0) | セカンドライフサポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: