2011年09月04日

エクセレント・ホスピタル

エクセレントホスピタル.jpg

 著者 クィント・ステューダー ディスカバヴァー・トゥエンティワン 2400円(税別) 平成23年7月初版

 たまたま入った本屋で目についた本でした。仕事で医療業界に関わっているので、無意識のアンテナに導かれたのでしょうか?この本のサブタイトルは「メディカルコーチングで病院が変わる」。

 コーチングを学んで5年になりますが、この「メディカルコーチング」なるものがよくわかっていません。通常のコーチングとそもそも何が違うのか?しかも、変わりにくい組織風土を持つ病院が変わる?(そんなことができるなら、ぜひ知りたい!という素朴な欲求)これは買って読むしかないと即決でした。

 内容はコーチングというよりはコンサルティングでしょうね。残念ながら、メディカルコーチングとは?という疑問は解消できませんでした。しかし、組織変革の考え方ややり方のツボを示唆してくれます。

 この本の重要なメッセージとして、「5つの柱」と「9つの原則」をお伝えしています。

「5つの柱」とは、病院経営を管理し、評価する対象です。(WHATに相当)
 1、医療の質
 2、サービス
 3、人材
 4、成長
 5、財務
 BSC(バランスト・スコア・カード)の4つの視点に非常に似ています。

「9つの原則」とは、上記項目を上げるためのやり方で、HOWに相当します。
 1、最高の病院になることを決意する。
 2、重要な指標を測定し、改善する。
 3、サービス志向の文化をつくる。
 4、リーダーを育成する。
 5、職員の満足度に重点を置く。
 6、職員一人ひとりに責任感をもたせる。
 7、個人の行動を、組織のゴール・価値観を合致させる。
 8、すべての職員とコミュニケーションをとる。
 9、成功を認め、讃える。

 具体的な手法についても少し触れているので、医療関係のマネージャーやリーダーにとっては非常に参考になるではないでしょうか?私が病院経営者ならば、主任以上には必読書としてレポートを提出させたいところです。

 今から関与先でアクションを取ろうとしていることのヒントになりました。必要に応じて読み返したいと思っています
posted by つゆ☆チャン at 15:24| Comment(0) | 書評

2011年09月03日

野村克也講演会〜弱者の戦略〜

 、野村克也講演会110827.JPG

 少し前の話ですが、8月27日(土)の夕方は野村元監督の講演会に行ってきました。知人より参加費2000円は安い!ということで紹介され、申込みした次第です。

 テーマは「弱者の戦略」でした。ある研修会社主催の講演会で対象者は中小零細の経営者及び経営幹部であったので、その方々に対してのアドバイスめいたものの話を、野球を例に話されるのかと予想していました。野村元監督曰く「弱者とは自分のこと」と前置きした上で、子供の時の貧乏でお金に苦労した家庭環境の話をスタートに、南海へのテスト生合格・入団、さらに2軍での下積み時代の話をしていただきました。

 活躍するまでには相当苦労したということは知っていましたが、そのあたりをリアルさは時代を超えて伝わってくるものがあります。その中で努力を重ねてこられたわけで、私が受け取ったメッセージとしては「相手を知って自分を知って適切な努力を行うこと。その努力は裏切らない」ということでした。

 やみくもに「努力」しても徒労に終わるだけ。少々身につまされる話です。(もっとも監督が言う「努力」レベルがそもそも違うような気がしますが・・・)

 この講演会監督自身の時間配分をコントロールしていなかったようで、お客さんサービスのために?いろいろ脱線して言及していたせいか、途中でタイムアップ。主催者側の半ば強制終了がなければ、もっといろいろ「ここだけの話」を聞けたのに〜と思った人は私だけでないはず。

 いずれにせよ、十分楽しませていただいた2時間でした。ありがとうございました。

 
 
posted by つゆ☆チャン at 17:36| Comment(0) | 学びの旅