2011年03月06日

篠山ABCマラソン11完走記

 本日3月6日(日)、「春の苦行」として第31回篠山ABCマラソンに参加してきました。最近のマラソンブームを反映してか、この大会も定員(1万人)に達しています。(本日の出走者は約9000人)

 天気予報では13度ぐらい気温が上がるということでしたが、晴れることはほとんどなく、時おり吹く冷たい風に寒さを感じました。こんなことならウィンドブレーカーを着て走るべきでした。

 さて、肝心のタイムは3時間47分台。ここ3回ほど50分超のタイムが続きていたので、少し戻せてほっと一安心。この3カ月で600キロ走ったので、その成果が出たのでしょう。本音を言えば、もう数分は短縮したいところですが、加齢による走力低下ゆえ、しかたありません。

 ちなみに20キロまでは1キロ5分を切る快調なペースでしたが、はやり後半は足にきました。特に30キロ以降は1キロ6分を切れないペース。ちょっとした上り坂が走り切れません。いつものことながら、苦しい、苦しいラスト12キロでした。(今回のゴールでは涙はありませんでした。)

 1年前にフルマラソンデビューした高校の同級生と会場で会いました。3時間31分と素晴らしいタイム。(本人は3時間半が切れなかったと悔やんでおりましたが)。月に300キロ程度走っているそうで、練習は裏切りませんね。

 そうそう、レース途中で「大阪府社会保険労務士会」と背中にプリントされたTシャツを着たランナーを見かけました。追いついて、声をかけてみると、やはり同業者でした。(なんでも大阪舞洲で行われた24時間リレーマラソンに出場した際に作成したユニフォームらしい。)1週間前の東京マラソンにもこのウェアを着て走ったそうで、身体を張って社労士のPRをしている姿に頭下がります。

 次回のレースは9月の京丹後ウルトラマラソンの予定。42キロでこれだけしんどいのに、100キロなんてどうなっちゃうんでしょうね?3,4月は花粉、7,8月は猛暑。がんがん練習する自信はありませんが、身体壊さない程度にがんばります。
posted by つゆ☆チャン at 21:52| Comment(0) | 日記