2011年01月19日

今年も参加!モリワキ新年会

 17日(月)はお客様である株式会社ビューティサロンモリワキ様の新年式典に参加。スタッフ100名、来賓70名が一同に会する盛大なイベントです。そこに振袖姿の女性スタッフが式典に花を添えます。来賓には今年もあの伊那食品の塚越専務やバグジーの久保社長もご列席されていました。

 社長や専務の挨拶には今のモリワキさんの勢いが感じられました。「サイクルチェンジ+1」というスローガンの元、次回予約を積極的にご案内している成果が数字に表れています。それ以上に刺激を受けた話として、スタッフが自分のギネスに挑戦といるということ。今の自分を超えるために努力は決して裏切らないはず。是非花を咲かしてほしいですね。

 来賓のご挨拶は今年も勉強になりました。特に久保社長はさすが!でした。うまくいっている会社の大事な要素はNO1とNO2の息が合っていることを世界のHONDAを例にお話されました。モリワキの社長と専務のコンビネーションは抜群だというお褒めの言葉でした。考えてみれば、美容サロンでも店長と副店長の関係は重要です。いわばチームで運営することの大変さと素晴らしさを感じた次第です。

 新年式典の後は新年会つまり宴会です。今年も大笑いし、楽しませていただきました。10日の成人式が終わったばかりでお疲れの中、各店のスタッフが余興の寝る間も惜しんで練習したことでしょう。今年も優劣付けがたいパフォーマンス。国民的アイドルAKBも登場しました。(いやいや全国区じゃなく交野市限定でした。)

 ホントに元気をもらったイベントです。面白すぎて、調子に乗って飲み過ぎてしまいましたが、来年もぜひ参加させていただきます。御苦労さまでした。そしてありがとうございました。
posted by つゆ☆チャン at 22:29| Comment(0) | 日記

2011年01月10日

成人の日2011

 今日は成人の日。ここ京都は時折雪が舞う寒い日となりました。

 そんな中、成人式の会場となった平安神宮近くのみやこメッセには振袖を着飾った女の子達やスーツを着た男の子達が集結。毎年テレビ放映されるような一升瓶をかかえたアブナイ若者の姿も見かけることもなく、行われた・・・ハズ。

 式典そのものはたった30分。市長や来賓が挨拶すれば、あっと言う間に終わっちゃいます。もっとも、形式的な式はそれ以上長引くと、会場全体に落ち着かない雰囲気になってしまうんでしょう。

 大人の仲間入りと言っても、年金手帳や学生免除申請書が届く以外、実感するものはありません。お酒などはとっくの昔に飲み始めて、タバコも同様。もしたった30分間の式典で、大人の自覚へ意識させられるような話や企画ができれば、すばらしいですが・・・

 さて、この機会に新成人へのメッセージを2つ。

 一つ目は「過去を完了させよう」ということ。たった20年の人生においても、うまくいったことや思い通りいかなかったことは、思い出してみればたくさん出てきます。どんな体験や事実があって、その体験からどんなのか?つまり、もう一度その時点に戻ることができるならば、どうするのか?と問うてほしいと思います。そして、ネガティブな感情が解消できれば、先の人生はすばらしいものとなるに違いありません。

 二つ目は「貢献」を意識し始めること。この年齢は自分の未熟さに意識がいき、自己成長が前進のエネルギーになる人が多いはず。それはそれで何ら問題はありません。考えてほしいのは「自己成長」の先に何があるのか?あなたが何かをすることで、誰かが喜ぶ。十分大人になった私でも大変嬉しいことです。

 若者が「勇気と希望」を持てるかどうか?それは、彼らをサポートする大人の仕事です。残された人生で、それを実現するためにがんばります。
 
posted by つゆ☆チャン at 15:31| Comment(0) | 日記

2011年01月03日

ランニング日誌〜2011年走り始め〜

 明けましておめでとうございます。

 今日の京都は「晴れ」晴れ(快晴というわけではありませんが)気温6度。最近にしては風も比較的おだやか。走る出すのに躊躇してしまうような環境ではありませんでした。

 休日のランニングコース「洛西ニュータウン」の外周道路を3周し、22.8キロを走ってきました。3月6日の篠山マラソンを目指して、12月〜2月の3カ月で最低600キロを走るのが当面の目標です。

 ランニングを始めて約6年。昨年11月のいびがわマラソンで10回の完走となりました。一つの節目なので、もうやめて違うことに挑戦するか?ランニングを続けるか?どうするか?を考えておりました。ここは51歳という年齢を考えて、一度100キロマラソンに挑戦することにしました。

 9月に行われる丹後ウルトラマラソンが、距離的には最も近いようです。車(セダン)(理想はサロマ湖です。)42キロ走るのが精一杯なのが現状なのに、本当に100キロも、しかも制限時間内に走れるんだろうかという不安はあります。一方で、最近はフルマラソンを走り終える度に涙が出てきますが、このウルトラマラソンをゴールできたら、どんな感動体験を味わうことができるのかという楽しみもあります。

 今年も衰え行く身体に鞭打って、黙々と走る時間を作りたいと思います。
posted by つゆ☆チャン at 19:01| Comment(0) | 日記