2010年03月03日

公開店長会議10年3月

 昨夜はお客様の美容室での公開店長会議。今年2回目の参加です。テーマは「いい店長VSダメな店長」。いわゆるリーダー論です。

 今回は約20名が傍聴見学する中、2月にデビューした店長と4月から店長に昇格するスタッフが進行役。初陣にしてはいきなり大役。そこはしっかり先輩店長がサポート役に回っています。

 さて、本テーマですが、美容月刊誌「ネクストリーダー」の特集記事のタイトルでした。全マネージャー、店長がその診断シートで自己分析し、その結果についてお互いにフィードバックし合うという内容でした。

 そのフィードバックですが、これがなかなか強烈でした!コーチングでいう「改善のフィードバック」に相当するものです。でも、この表現では伝わらない。「愛に溢れた容赦ないダメだし」という方がピッタリです。

 会議を見守っている私には、最初の1時間は話が錯綜し、相当混乱したような印象でした。しかし、然るべき所に落ち着いていきます。誰もが何らかの結論にたどり着きたいという思いの表れでしょうか? 

 
 店長になる人たちは全員強い思いがあります。自分の思いを他のスタッフに伝えきれず、行動で示しきれていないという「理想と現実とのギャップ」に誰もが葛藤しています。その葛藤を克服することもリーダーシップの一つ。

 そもそもこのテーマは、大きく、深い。しかも自分ごと。批判の矢が飛んできても逃げることなく、しっかり受け止めている店長達の姿に心打たれます。

 マインドと成果をリンクするのに必要なのは、行動。そしてその行動を支えるのは能力・スキル。この能力とスキルは今から体得しブラッシュアップできます。

 混乱や葛藤なくして成長なし!昨夜感じた悔しさや流した涙がバネとなって、行動がさらにレベルアップすることを期待します。私も彼らに負けないように、チャレンジを継続しよう!
posted by つゆ☆チャン at 15:42| Comment(0) | 学びの旅