2010年03月01日

定年後勤務に伴う退職は給付制限かかる?

 多くの企業で60歳の定年を過ぎても、引き続き働いている従業員はいると思います。仮にシニア社員とでも呼んでおきます。そんなシニア社員が辞めたら、雇用保険の給付をもらう時には、3ヶ月の給付制限をされるかどうか?

 結論としては、ほとんどの場合に給付制限されます。例外は雇用期間満了で終わった場合のみ。例えば、会社が65歳まで1年更新で勤務可能という制度を導入している場合、65歳の最終までいけば期間満了ということで給付制限はありません。

 ところが、途中の契約更新時に、労働条件や体調のことでシニア社員の判断で更新しない場合は、自己都合になるので、給付制限がかかります。

 また、65歳を過ぎてしばらく働いているシニア社員が同様の理由で退職する場合も自己都合ということになります。

 節目に退職するかどうかが給付制限に影響するわけです。個人的には少々割り切れない部分が残りますが、ハローワークの担当者の見解としては、上記のようなものでした。
posted by つゆ☆チャン at 11:19| Comment(0) | 人事労務

チャレンジするか否か

 バンクーバー五輪・男子フィギアスケートで、銀メダルに終わったプルシェンコ選手が「4回転を跳ばない金メダリストはあり得ない」という不満を漏らしたとの記事があった。

 男子では4回転、女子では真央ちゃんの3回転半は難易度の高い技である。しかし、フィギアスケートはジャンプだけで採点されるわけではないことは十分ご承知のことと思う。

 いわゆる安全策を100%決めて、勝つことは重要。金メダルのライサチェク選手もキムヨナ選手も空気を変えるほどの完璧過ぎる演技。それに対してプルシェンコ選手も真央ちゃんも明らかなミスがあった。

 では、仕事ではどうか?そもそも4回転を跳ぶような場面があるのか?ということは抜きにして、ミスを承知で、4回転を跳ばせてくれる会社や上司がいれば、非常に嬉しいもの。

 もちろん、ミスした結果の責任は本人が取る必要があるが、誰かがどこかでカバーできる体制であれば、長い目でみればトータルOKということになる。

 基本は100点満点で当たり前。そのレベルを超えるには、どの組織でもチャレンジは欠かせない。そつなくまとめるというだけでは物足りない。周りのうならせるほどのまとめ方、つまり徹底した仕事ぶりとでも言えばいいのか。それも実はチャレンジ。

 誰もがあの2人の金メダリストのように完璧すぎる演技ができるわけではない。それに至るまでのプロセスは十分にチャレンジングである。間違っても、シンボリックな技だけに気を取られるとおかしな議論になってしまう。

 チャレンジのない仕事はあり得ない。どんなチャレンジを選択するのかが重要。あらためて、オリンピック選手の究極の演技を見ながら感じたことでした。選手の皆さん、ありがとう!
posted by つゆ☆チャン at 10:50| Comment(0) | 日記

おふくろの味

 昨日は一日引越し業者であった。長男が大学卒業まであと1ヶ月のところで、下宿を引き払い自宅に戻ってくるためだ。3月25日には入社式があり、しばらく東京近郊で研修を受けることになっている。3月まで今の所にいればいいのだが、なぜか「お母さんのご飯が食べたい」ということらしい。そのことを以前妻に伝えた時には、満面の笑みで喜んでいた。(その笑顔を夫に対してもできんか!)

 信じられない!私も大学からは親元を離れていたけど、実家に帰りたい等一瞬たりとも思ったことはない。自由気ままで、友達で会える環境は手放せばなかったものだ。親からの干渉や介入はゴメンだ、という気持ちが強かった。

 最も、3週間の実家暮らしとは言え、たった2年半でこんだけ荷物があるか〜という位。天王寺近くのトランクルームを借り、自宅に運べないものはわが事務所に一時避難し、オデッセイの2,3列目を全部つぶして満載で帰ってきた。

 決して広くない家に、大人一人と付随する荷物。さらに増えるであろうストレス。はたして、おふくろの味で、そのあたりがまろやかになるんだろうか?
posted by つゆ☆チャン at 10:20| Comment(0) | 日記