2010年01月31日

チームマネジメント

`[}lWg.jpg

 著者 古川久敬 日本経済新聞出版社 830円(税別) 04年3月

 組織心理学を専門とする著者が本のタイトル通りチームマネジメントの要諦を書いています。この本では概要だけ紹介されていますが、多くの組織で調査したようです。

 印象的だったことは、チームワークレベルの話。著者曰く、そのレベルには3段階あるとしています。

 1、メンバーの円滑の連携、協力
       ↓
 2、役割を超えた行動
       ↓
 3、創発的なコラボレーション

 さらにチームの目標タイプによって必要とするチームの要件が違うという主張は、完全に腑に落ちたわけではありませんが、今後考慮すべきと認識しました。

 やや抽象的な話で展開されているので、少々とっつきにくいですが、自分自身の学習が進めば、スンナリと入っていくかも知れません。引き続き「チームビルディング」の学びを続けます。
posted by つゆ☆チャン at 21:55| Comment(0) | 書評

アサーティブコミュニケーション講座

 1月30、31日はアサーティブジャパン主催のアドバンスコースに参加。このアドバンスコースは、基礎・応用・ステップアップに続いてグンとレベルアップした講座で、4日間が無事終わりました。本当に伝えたいことを伝わるように伝えるスキルやマインドを学習した10日間でした。

 事実・感情・要求・提案・結果という順番に整理して話すことが基本形。でも、相手をコントロールしてやろうとか、自分の要求を押し通そうという意図ではうまくいきません。

 やはりベースには人間関係があります。私も含めてほとんどの方は、全ての人と良好な関係を築いているわけではありません。特に日頃接している職場の人間や家族などとの葛藤や対立はよくあることです。

 そこに至った原因は、100%相手が悪いということからスタートしても問題解決になりません。やはり、関係の一方の当事者である「自分」はどうだったのかという「責任」と「覚悟」なしに事態は進展しないということをロールプレイを通じて頭と体で体験できました。

 ここでもまたすばらしい学びの友との出会い。アサーティブコミュニケーションーについても、彼らと支えあいながら学びの旅は続きます。

 アサーティブジャパンの講座に関心のある方は以下のHPへ。
          ↓
 http://www.assertive.org/index.shtml
posted by つゆ☆チャン at 18:32| Comment(0) | 学びの旅