2010年01月30日

がん保険いる?いらない?

 先日、朝日新聞の記事に「タイトルにあるような記事が一面使って載ってました。見出しには

 十分な貯蓄があれば不要 

 年齢・加入期間で「赤字」も

と、ありました。記事を読んでいくと、見出しとは異なり、がん保険に加入していて良かったというがん患者やその家族の話が。

 一体どっちやねん!そもそも「十分な貯蓄があれば不要」という当たり前のことが見出しになっていることが気になります。

 日本人の4人に1人はがんで亡くなっています。この記事でも紹介されているように国立がんセンターの統計では日本人の2人に1人はがんになるようです。

 そんな状況を考えれば、がんのみですが、比較的安価で厚い保障をしてくれるがん保険は加入すべきだと思います。(保険加入は自己判断及び自己責任ですが)

 もちろん赤字になる場合もあるでしょうが、保険の機能はあくまでイザというときの経済的保障。しかも加入間もなく「安心」を担保してくれます。経済的理由だけで助かる命が助からないことがあっては残念なことです。闘病生活を支えるためにも必要じゃないでしょうか?

 天下の大新聞には、もっと興味や関心を引く見出しや記事を期待したいところです。
posted by つゆ☆チャン at 22:28| Comment(0) | セカンドライフサポート

公開店長会議1001

 29日(金)夜は顧問先の店長会議の見学傍聴。美容サロンの集客の課題を発見するための分析方法やお客様フォローの取り組みについて話し合われました。

 美容業界を問わず、ほとんどの業界でいい話は聞きません。そういう逆風の中でも、前向きな取り組みをしている会社のみ生き残りが可能と言っても過言ではありません。

 今回の会議で見聞きしたことは、正直ショックを受けました。単に売上を上げるという目的のためだけでなく、お客様満足という視点で相当努力をしていることを知りました。だからこそ、12月の業績は前年を上回り、人によっては過去最高のパフォーマンスを記録しています。

 数値等の客観的事実を確認し、それを肯定的に認識し、新たな目標に向かって行動に移すこと。当たり前とも言える成功法則を着実に実践できるような仕掛けやツールを活用しています。

 さらに刺激的な話をコンサルタントの先生が紹介してくれました。ある美容室のスタイリストが12月に平均売上の170%を叩き出しました。詳細は言えませんが、その数字を達成するだけのことをやっていました。

 果たして「マーケティング」について、私はそこまでの努力をしているんだろうか?本当に価値を伝えているんだろうか?そして、モチベーションが起こるようなツールを提供できているんだろうか?
 
 「やり切った!」と言えるには、まだまだ5合目にも達していません。頂上目指して、がんばります。
posted by つゆ☆チャン at 22:07| Comment(0) | 学びの旅