2009年12月28日

職場はなぜ壊れるのか

E.jpg

 著者 荒井千暁 ちくま新書 700円(税別) 07年2月初版

 サブタイトルに「産業医が見た人間関係の病理」とついているように、企業の産業医がビジネス現場を観察して、組織のあり方について警鐘を鳴らした本です。

 ノルマや人間関係で悩み、メンタルヘルス不調に陥り、最悪は自殺に至った事例が紹介されています。

 行き過ぎた成果主義が組織や人の心を蝕むという論調もありますが、その部分は無条件で賛成することはできません。人事制度を作る立場にある私としては、問題の原因の多くを人事制度のせいであると考えていません。制度という環境の中で起こっている問題を個人レベルでどう捉えるかで、プラス・マイナスにも作用するのでは?

 厳しい環境の中で、今自分が乗っている船をもっと軽くしないと先に進めないという不安感、もしくはこの船から自分が引きずり降ろされるので?という恐怖。

 さっさと船から飛び降りても、泳ぐ術があれば生きていけます。自分が活躍し価値を提供するフィールドは、船の外に拡がる大海原にもあります。問題を抱え切れなくなり、潰れてしまうより、さっさと海に飛び込むのも一つです。

 「開き直る」「テキトー」「あきらめる」というマインドも時には必要。最後までがんばらなくてもいいじゃないですか。その人が持っている能力やスキルを必要としている人は、必ずいますからね。
posted by つゆ☆チャン at 21:59| Comment(0) | 書評

自分探しが止まらない

T.jpg

 著者 速水健朗 ソフトバンク新書 700円(税別) 08年初版

 買ってしばらく置いていましたが、最近になって手に取った本です。「自分探し」という言葉。過去からあったかも知れませんが、中田英寿がこの言葉と共に世界各国を旅することで、一気にメジャーになったと思います。

 この本では「自分探し」の事例を観察し、その危うさを分析しています。私自身は自分という存在を正しく理解するために「自分探し」することは理解できます。やはり、自分という存在は客観的に見れないですからね。

 でも「本当に自分は何だ?」という問いを立ててしまうと、答えのない世界に迷い込むおそれがあります。それは、「本来の私」という答えがあるという前提ですから。

 「本当の自分を見つけよう」等は、著者は指摘するように自己啓発セミナーや転職などの場面ではよく使われるフレーズです。そのお誘いに乗ったら最後、しっかりとその団体や会社に利益が生まれる構図。

 自分の軸を持つことや、自分を無条件に肯定することは確かにそんなに簡単にはできません。日常を一生懸命生きること以外で生み出されることかと思います。学びに出てもヒントはありますが、答えが手に入るわけではありません。

 旅や一瞬モチベーションを上げるセミナーに出ても、日常と隔離されたものは意味がありません。あくまで日常が大切です。「非日常」のインパクトが強いので、ついつい勘違いしてしまいますが・・・。
posted by つゆ☆チャン at 21:22| Comment(0) | 書評

MISIAinびわこホール

C.JPG

 最近は音楽ネタが続きます。クリスマスナイトの25日は滋賀県大津市のびわこホールへ、MISIAのライブに行ってきました。

 12月16日発売の「JUST BALLADE」を引っさげての「星空のライヴX」です。

 なんか凄すぎて、言葉になりません。あきれるほどパワフルでした。しかも聴かせてくれます。今まで声量があり、歌の上手い歌手はたくさん聴いてきたけど、MISIAのパワフルさは別格ですね。

 最近の歌ではドラマ「JIN-仁-」の主題歌「逢いたくていま」や大ヒット曲「Everything」等の名曲も織り交ぜて、楽しめた2時間のライブでした。
 
 席は4階だったので、下の方に目をやると、1階席の観客はもうノリノリです。だってね、ほんの数メートル先でMISIAが歌っているので、そりゃー自然とそうなりますよね。

 1月30、31日には大阪城ホールで、なんとオーケストラ付のコンサート。どんなことになってしまうんでしょうか?!

PS 新アルバム「JUST BALLADE」お勧めです!
posted by つゆ☆チャン at 20:54| Comment(0) | 日記