2009年11月20日

祝!50周年

 エクスマ塾で知り合った名古屋の印刷会社から、最近宅配便が届きました。

 何かな?と好奇心を持って開けてみると、創立50周年を記念して作成した記念誌「足音」、社長のブログを抜粋した「継続は力なり」という本、さらには記念式典の様子がわかる広報誌が入ってました。

 この会社、丸和印刷さんといいます。
 HPはこちら。→ http://www.maruwanet.co.jp/

 50年間半世紀ですよ。企業の寿命は30年と言われた時代があり、今は10年とも言われます。現在の社長さんは2代目ですが、創業者の思いを継いで、印刷業界において、今なお進化を遂げています。小粒でキラリと光る企業と言っても過言ではありません。(そのうち、DO ITに出てほしいものです)


 記念式典の写真に映っている社員さんの表情がこれまたいいんです。社員全員でこの50周年イベントを企画し、計画を練り、実行してきたようです。組織というより「チーム丸和」という表現がふさわしいほどの一体感が伝わってきます。

 これまでの50年、そしてこれからの50年。先のことは分かりませんが、変化に対応しながら核となる価値を具体的にわかりやすく提供できた組織のみ生き残れます。

 丸和印刷さんの50周年の企業運営に敬意を表しつつ、考えてみれば私自身ももうすぐ50周年。この会社のようなステキに力強く歩んで生きたいと思った次第です。
posted by つゆ☆チャン at 19:49| Comment(0) | 日記

劇団☆新感線 蛮幽鬼 

 18日(水)の夜は梅田芸術劇場にて劇団☆新感線の公演を楽しんできました。
           ↓
http://www.vi-hinkansen.co.jp/stage/index.html

 実はこの公演のチケットを娘から譲られました。本人的には、たまたま大ファン絢香のラストコンサートと日程が重なったため、止むなしにチケットの買い手を捜していたところ、身近にいいターゲットがいたというもの。

 私自身、昔から演劇を好んで見にいったことはなく、劇団☆新感線についても何の予備知識もなし。しかも、仕事が忙しく、どうしようかと思いつつも、チケット代がもったいないし、とりあえず行ってみようという意識レベルでした。

 行ってみて会場は満席。しかも大半は女性でした。両サイドに座っていた方も1人で来ているようでしたね。こんなに人気があることを、恥ずかしながらその時初めて知ったのです。(申し訳ございません)

 劇団メンバーに加えて、今回は上川隆也、堺雅人、稲盛いずみ、早乙女太一などメジャーな役者さんも出演。スピーディに展開していくストーリーに加えて、迫力ある動き、通る声、しかもお笑い付き。

 終わったときには、なぜか涙が溢れそうでした。それだけ心は十分楽しみ堪能したということでしょう!終演時のカーテンコールは観客全員のスタンディングオーベーション。3時間半という時間で五感を刺激されたせいか、心地の良い疲労感を覚えます。

 これはおもしろい!!また行ってみたい。新たな楽しみの世界を知ってしまったようです。お勧めです。
posted by つゆ☆チャン at 19:14| Comment(2) | 日記

船井総研・社労士研11月例会

 今年から入会した船井総研の士業研究会。今年最後の例会でした。規模拡大や業績向上を目指す社労士が集っているため、私のような1人で気楽にコツコツとやっている者にとってはとても刺激な場です。それぞれが創意工夫しながら自分の商品サービス力を磨きマーケットに打って出る姿勢は、いつものことながら見習うべきものです。

 さて、今回は経済産業省の助成金ビジネスについての講座がありました。厚労省管轄は社労士としては守備範囲ですが、この経産省管轄は全くわかりません。企業から見れば同じ助成金ですが、システムが違い過ぎます。むしろ、この分野に手を出すには相当な覚悟と労力が要ることがわかりました。

 さて、この研究会で船井総研が訴えるポイントは、次のようなものです。この不況期には、「低価格商品」と手続や給与計算などの「実務」で手堅く関係を維持すべきで、コンサルティングのようなものはすぐに契約打切りとなり、安定経営には程遠いと。コンサルティング会社が言うからには真実なんでしょう。

 ただ独自化というキーワードでオリジナリティ溢れる商品サービスを追求してきた者からすれば、非常に差別化しにくい手続業務や給与計算には踏み込みにくいし、この10年間そのような活動をしてきていないので、少々の戸惑いがあります。ただ、規模の拡大により標準業務は誰かに任せて自分自身が独自化商品に集中することができます。

 来年はそれができる体制を作り、いいサービスを提供できるようがんばります。
posted by つゆ☆チャン at 18:43| Comment(0) | 学びの旅