2009年10月12日

ランニング日誌〜40キロ試走09

i[YEHb`.JPG

 今年も本番の11月23日に向けて現在の走力をチェックするために、今日体育の日に40キロ試走にチャレンジしました。平成17年以来毎年体育の日に40キロランにチャレンジしています。

 残念ながら今年も昨年同様途中リタイアという結果に終わりました。走った距離は約22キロ。数日前から寝違えて強烈な肩こりにおそわれているのに加え、今日は暑かった。原因はいろいろありますが、体調がベストではなかったということにしておきます。

 10月は予定通りトレーニングできているだけに、そんなに心配はしていません。11月上旬まで毎週30キロランを取り入れて失速しがちな後半もがんばれるようにしたいと思います。自己新記録は無理でも例年通りの記録が出ればいいのですが・・・。

 ちなみに写真は昨日購入したランニングウォッチです(時計を変えても早くなるわけではありませんが・・・)。セイコーのSOMAというブランドです。(定価8400円)なかなかカッコイイでしょう。画面も大きく見やすいのですが、まだ使い方がよくわかっていません(笑)。
posted by つゆ☆チャン at 21:34| Comment(0) | 日記

人事評価1次調整会議at学校法人09秋

 既に3年目に入った某学校法人での人事コンサルティング。今年は定着し機能する人事評価を目指しています。過去評価者に対する研修や打合せを重ねていった結果、従来より精度の高い人事評価ができていると思います。

 今回から評価調整会議は私たちコンサルタントが仕切るのを止めて、学校側の人事労務担当者が進行。また、1次評価者の発言内容も評価の目的を理解したものが少しながら増えてきています。

 調整会議の中では評価者側と学校側そしてコンサル側の意見相違は見受けられますし、さらには感情的な対立も起こります。私も相当辛らつなことをお伝えします。

 お金をもらってコンサルしているわけですから、相手の評価能力向上のために、遠慮することはありません。(アホ・ボケ・カスとまでは言ってませんが・・・)

 やはり人事評価能力もヒューマンスキルゆえその向上には時間がかかります。学校での人事評価は私立も公立も含めてまだまだ発展途上の段階です。

 学校組織や教員職員のレベルアップのために、人事評価は有効な施策の一つです。年度末評価ではさらにレベルアップできるよう取組みたいと思います。
posted by つゆ☆チャン at 00:28| Comment(0) | 人事労務

次世代育成支援対策推進法

 10月1日に大阪労働局主催の「次世代育成支援対策推進法説明会」に参加してきましたので、その概要をお知らせします。

 一言でいえば「少子化対策のためにあなたの会社はどう行動するのか?」を問われています。子どもを産み、育てやすい環境を作るのは企業もその責任の一端を担っているということです。確かに人口が減少して国力が増加することはあり得ません。

 ただ、国が企業に要求する内容は厳しいものではありません。具体的には以下のようなものです。

1.平成23年4月から一般事業主行動計画の策定・届出義務企業が、労働者数301人以上が101人以上になります。

2.一般事業主行動計画の公表と従業員への周知が義務化されました。

3.認定マーク「くるみん」の認定基準が変わりました。

 一般事業主行動計画そのものはそんなに難しい内容ではありません。むしろ子育ての主体となる女性従業員にとって優しい企業であることは、社内的にも社外的にも有効です。

 大企業では当たり前の労働環境を中小企業も実現しなさいということではありません。今より意識的に子育て支援レベルを多少上げていただくだけです。また、子育て支援レベルを上げることに対して助成金も支給されます。

 貴社の子育て支援レベルがどの程度なのかをチェックできるサイトもあります。
           ↓
     http://www.familyfriendly.jp/
 是非、中小企業の経営者は、従業員のため、社会のため、自社の成長のために子育て支援の環境整備に取組んでいただければと思います。
posted by つゆ☆チャン at 00:04| Comment(0) | 人事労務