2009年10月31日

ランニング日誌0910

 走り込みの10月が終了。目標250キロに対して237.6キロ。達成率はもう一息というところですが、内容が悪過ぎます。疲れが残っているのか、最初からスピードに乗ることなく、すぐに失速。だんだん本番が心配になってきました。4時間を切るどころか、完走できるんでしょうか?

 あと1回ぐらいは30キロ走をして、体にペースを覚えさせたいところですが、肝心の体力が今のままでは前提が崩れます。もはや走り込むほど走力が上がるのではなく、逆に疲れさせてしまうのであれば、11月の練習はほどほどにしておこう。

 いつもいつも福知山の復路は肉体的も精神的の辛いものがあります。最後1キロの上り坂を駆け上がって笑ってゴールできる日は来るのでしょうか?
posted by つゆ☆チャン at 22:01| Comment(0) | 日記

日本国の財政スゴク心配です

 民主党政権が発足して2ヶ月。先日は鳩山首相の所信表明演説がありました。「友愛社会」の実現をする上でも、この危機的財政を何とかしてほしいと願う国民の1人です。

 自民党のバラマキ政治がようやく終焉すると思いきや、新政権下での100兆円近い概算要求。削減されることを前提に官僚が多少膨らまして資料作成をしたのでしょうか?今から事業仕分けなる作業を行うことで少しは削減できるんでしょうが、なんと言っても税収は40兆円以下。ない袖は振れないから、やはり赤字国債発行。

 日本の社会保障費は約90兆円で国家予算と同等の金額。医療費を抑制し、自己負担比率を上げ、増税しないとやっていけないことは明白です。こんな国に誰がしたのかわかりませんが、悲しく厳しい現実です。

 介護分野やグリーン分野(農林、環境・エネルギー、観光)で雇用を創造しようとする雇用対策案が政府から出ています。来年3月末までに10万人の雇用創出が期待されています。本当にその効果があるのかは個人的には期待薄です。

 消費を刺激するには、お金を持っている人に使ってもらわなくてはいけません。お金を持っているのが、現役サラリーマンではなく、高齢者ですね。先日も芦屋の富裕層が市に数億円寄付していました。○○さん福祉基金とかいう名称で、本当に切迫した事業についてNPOを中心に期限付きで運営されるようなことで、寄付した人のステータスが上がり、同時に雇用と経済に貢献することはできないものでしょうか?
posted by つゆ☆チャン at 16:28| Comment(0) | 日記

組織が大きく変わる「最高の報酬」

gD??V.jpg

 著者 石田淳 日本能率マネジメントセンター 1600円(税別) 09年8月初版

 行動科学マネジメントの第一人者である石田淳氏の最新本です。過去「やる気を出せ!は言ってはいけない」「短期間で組織が変わる行動科学マネジメント」を興味深く読みました。今回も行動科学マネジメントの原則について、その考え方や行動例を紹介しています。特に「トータル・リワード」というキーワードです。非金銭的報酬を刺激することで行動改善を行うという内容になっています。

 「ちゃんとやれ」「しっかりとフォローせよ」というあいまいな指示はトップビジネスマン以外はNG。チェックリストを作り事後に点検させるとか、資料送付後2日以内に電話をし、1週間以内に訪問のアポを取るなど具体的でないと人は動けません。そしてその行動ができれば即座に承認にプラスのフィードバックを行う。つまり、いいことやれば即座布団一枚ということです。

 著者の主張する考え方には非常に同意します。人事評価制度を構築する上で、期待する具体的な行動の記述化やチェックリスト化というものは過去大いに参考になりました。一度は石田さんのセミナーを受講して直接学びたいものです。
posted by つゆ☆チャン at 15:44| Comment(0) | 書評

2009年10月30日

アルバイトの勤務日数の減少は休業補償すべきか?

 飲食店等学生アルバイトが多数働いている職場はめずらしくありません。目的はともかく一生懸命バイトに精を出す学生が、毎月決められるシフトの日数が少なくなれば、会社は休業補償をしないといけないのでしょうか?

 そもそもアルバイトは毎週○日、○時間働くことを約束して労働しているわけではありません。比較的自由なことが、会社もアルバイト学生もそのメリットについて合意できています。通常、飲食アルバイトは勤務シフト表で労働日を定めます。

 12月や1月は繁忙期なので、月15日働いたけれど、2月はヒマなので5日にすることに違法性はありません。また、勤務態度が悪いアルバイトのシフトを極端に少なくすることも問題ありません。(前提としてあらかじめ労働する日数や時間を約束していないこと)

 休業補償は確定した労働日に会社都合で休業を命じられた場合に発生するのであって、そもそも労働日が確定しないものについては休業補償の対象ではありません。

 したがって、アルバイトの勤務日数の減少は休業補償の対象にはならないわけです。もちろん、シフト決定後の休業は休業補償の対象です。
posted by つゆ☆チャン at 21:16| Comment(0) | 人事労務

配偶者が失業中は被扶養者になれるか?

 最近顧問先から相談があったので紹介します。

 ある女性従業員の夫が会社を退職したので、夫を健康保険の被扶養者にする手続をしてほしいという依頼がありました。

 おそらく無職のまま過ごすということは考えにくいので、雇用保険の基本手当をいつからどの程度受給される予定かを確認していただくことになりました。

 確認してみると、結論的には被扶養者になれないことが分かりました。社会保険の被扶養者の年収条件は年130万円です。仮に基本手当日額が5000円ならば、5000円×30日×12ヶ月=180万円となり、130万円基準を超えてしまいます。

 したがって、少なくとも雇用保険の基本手当受給期間中は被扶養者になれないことになります。

 ちなみに、大学生の子どもがアルバイトで稼ぎすぎると、年換算130万円を超え、扶養から外れることになってしまいますので、アルバイトのし過ぎにはご注意を!勉強させましょう。
posted by つゆ☆チャン at 21:03| Comment(0) | 人事労務

JAL再建案〜企業年金引下げ

 日本航空の再建案が日に日にリアルになってきています。飛行機に乗る機会がないので、日本航空がどうなろうとそれこそ雲の上の話です。ただ、企業年金をOB分も含めて減額するかどうかが私的には極めて関心事です。

 3314億の積立不足を解消するには、現役だけでなくOBの同意も欠かせないところです。OBからすると話が違うと立腹されるのも当然のこと。過去発信したメルマガでは、減額に関してOBの2/3以上の同意を得ることは困難な情勢にあるとお伝えしました。

 しかし、再生チームは、同意できる見込みがなければ、特別立法で強制的に減額する措置も検討するとのこと。えらいことするな〜と思うなかれ!既に公的年金は法律改正でどんどん減額されてきました。

 一企業におけるOBの年金は聖域でないはず。会社存亡の危機において「高すぎるレベル」を「通常のレベル」に引き下げることは当たり前のこと。

 厚生労働省の管轄にある先行き厳しい企業年金は即解散するようにしてはどうでしょうか?企業規模を問わず、運用リスクをまともにかぶることは決して企業の存続にはプラスに働きません。今回の日本航空の件をきっかけにして、企業年金問題を抜本的に取組んでほしいものです。
posted by つゆ☆チャン at 20:45| Comment(0) | 人事労務

政策秘書不足

 8月30日の総選挙で民主党新人議員が大量当選して、政策秘書が足りないというニュースは聞いたことがあるでしょう。

 政策秘書は国家試験に合格する他、公設秘書を5年以上経験し研修を受けて資格を得ることも可能だそうです。また、司法試験、公認会計士等の資格者も政策秘書になれます。

 ところが、魑魅魍魎がうごめく政治の世界で、試験に合格したり資格があるだけでは、政策秘書は務まらないという記事がありました。このご時勢に人材不足の稀な職種ですね。

 皮肉なことに、同じ日の新聞記事に「公認会計士」就職難というのがありました。司法試験同様難関資格にもかかわらず、大手監査法人の採用減で人余り気味とのこと。

 結局、知識や資格はあくまでツールにしか過ぎません。選ばれる社労士になるには、いい仕事をして実績を積み重ねることしかないものと自分に言いせる機会となりました。
posted by つゆ☆チャン at 20:27| Comment(0) | 日記

秘書給与 違法減給

 最近、長野1区選出の民主党衆議院議員が、秘書給与を違法に減給していたとして新聞記事になっていました。

 記事によると、1日休むと2万円を減給し、労基法の減給額の範囲を超えている疑いがあるとのこと。しかし、この記事を執筆した記者には誤解があります。

 減給の制裁は1回あたり平均賃金1日分の半分までとされているのは正しい。20日勤務で月給20万円なら1日1万円。つまり減給は5000円までOKということになります。

 しかし、「減給の制裁」と「ノーワーク・ノーペイ」の原則は別物です。労働の提供がない限り(つまり欠勤)であれば給与は支払う必要はありません。今回のケースで言えば、1日欠勤で1万円欠勤控除するのは適法です。さらに減給の制裁としてもう5000円を控除することも可能です。つまり、15000円までなら、場合によってはOKです。

 結果的には1日2万円控除することは違法であることには間違いありませんが、「ノーワーク・ノーペイ」という概念がこの記事からは欠落しています。

 遅刻等では法律の内容以上に控除することがたまに問題となります。賃金支払で誤解し混乱するテーマですが、是非正しく理解しましょう。
posted by つゆ☆チャン at 20:13| Comment(0) | 人事労務

ココ・シャネルの言葉

 最近新聞折込に入っていたある美容室の広告チラシに興味深いメッセージがあったので、引用させていただきます。

 「ココ・シャネルの言葉」

 20歳の顔は、自然の贈り物
 50歳の顔は、あなたの功績
 女は40歳を過ぎて初めて面白くなる
 装いは知恵であり 美は武器である
 そして謙虚さはエレガンスである

 確か一瞬だけ見た「リアル・クローズ」の中で黒木瞳が言ってたような?

 ちなみに、この美容室はover40´sということで、40歳からの大人の女性をターゲットにしています。アラフォーの女性はお肌が曲がり切るかどうかの瀬戸際、でも今から手入れすれば間に合うということでしょうか?

 男性版ならこんな感じでしょうか?

 20歳の顔は、可能性の表われ
 50歳の顔は、実績の表われ
 男は40歳を過ぎて初めて人格が如実にでる
 経験は知恵であり 知識は武器である
 そして健康はエレガンスである
posted by つゆ☆チャン at 19:55| Comment(0) | 日記

医業人事コンサルタント養成講座(第1回)

 今日は名南経営主催の題記の研修会に参加。医療介護関係は以前から関係しており、最新情報の入手や自分自身のノウハウの確認のために申込みました。今日は主に人事制度についてのレクチャーでした。

 一般企業と違い、医療・介護業界は独特です。その独特さを理解しておかなければ適切なアプローチやアドバイスは不可能です。厚生労働行政のさじ加減で収益は上下し、医師や看護師等の専門職は売り手市場。つまり経営側としてコントロールできる範囲が少ないというハンディを抱えています。さらに、経営者や幹部の経営スキルは決して高いとは言えません。

 私自身も医療介護業界と関係して仕事をしていますが、奥深い業界ですから全てを知っているわけではありません。今回の講座で現在関わっている病院や今後関わることになる介護事業者への人事制度構築へのヒントをいただきました。

 いい人材の定着こそ医療介護サービスの質の向上につながります。人事制度を構築していく中で、ES・CS向上などやること山積です。
posted by つゆ☆チャン at 19:38| Comment(0) | 学びの旅

2009年10月18日

コンサルタントの「質問力」

RT^g.gif

 著者 野口吉昭 PHPビジネス新書 800円(税別) 08年4月初版

 ビジネス書ランキングでも上位に位置付けられたこの本。今頃ですが読んでみました。私もコンサルタントの端くれ。コンサルティングを進めていく上で、効果的な質問は欠かせません。

 ここ数年学んでいるコーチングは、「質問」によって相手を動機付け行動を起こすためのコミュニケーションです。そういう意味では「質問力」は多少なり鍛えられたと自負しています。

 では、コーチングに必要な質問力とコンサルティングに必要な質問力はどう違うのでしょうか?本書では、コンサルティングに必要な質問力は以下の3つとしています。

 1、仮説力
 2、本質力
 3、シナリオ力

 強いて言えばコーチングとの違いは「仮説力」でしょうか。相手の思考プロセスを理解しそれに沿って質問を進めていくためには、2,3の要素がより求められます。

 あたらめて自己の質問力を振り返ってみると、この3つの中では1の仮説力が弱いかもしれません。特に事前に質問ツリーを作っておくという用意周到なことまではやっていません。いわゆるロジックツリーを活用するということです。(質問シートは用意することはあります。)

 質問ツリーを作るというのは、自分の中での知識や思い込みが前提となります。当然相手側の状況は実際に確認してみると、往々にして違います。本書でも指摘されるように、仮説を捨て新たな仮説を作る必要があります。実際にこれを瞬時に臨機応変にしなければならないところに難しさがあります。

 著者の質問力に関するエッセンスを紹介した本であり、実際にはこれらの内容がマスターでき活用できれば、スーパーコンサルタントやスーパービジネスマンになれること間違いなし。

 経営トップから末端のビジネスマンまで「質問力」のマインドとスキルを刺激してくれる1冊です。
 
posted by つゆ☆チャン at 22:59| Comment(0) | 書評

2009年10月12日

ランニング日誌〜40キロ試走09

i[YEHb`.JPG

 今年も本番の11月23日に向けて現在の走力をチェックするために、今日体育の日に40キロ試走にチャレンジしました。平成17年以来毎年体育の日に40キロランにチャレンジしています。

 残念ながら今年も昨年同様途中リタイアという結果に終わりました。走った距離は約22キロ。数日前から寝違えて強烈な肩こりにおそわれているのに加え、今日は暑かった。原因はいろいろありますが、体調がベストではなかったということにしておきます。

 10月は予定通りトレーニングできているだけに、そんなに心配はしていません。11月上旬まで毎週30キロランを取り入れて失速しがちな後半もがんばれるようにしたいと思います。自己新記録は無理でも例年通りの記録が出ればいいのですが・・・。

 ちなみに写真は昨日購入したランニングウォッチです(時計を変えても早くなるわけではありませんが・・・)。セイコーのSOMAというブランドです。(定価8400円)なかなかカッコイイでしょう。画面も大きく見やすいのですが、まだ使い方がよくわかっていません(笑)。
posted by つゆ☆チャン at 21:34| Comment(0) | 日記

人事評価1次調整会議at学校法人09秋

 既に3年目に入った某学校法人での人事コンサルティング。今年は定着し機能する人事評価を目指しています。過去評価者に対する研修や打合せを重ねていった結果、従来より精度の高い人事評価ができていると思います。

 今回から評価調整会議は私たちコンサルタントが仕切るのを止めて、学校側の人事労務担当者が進行。また、1次評価者の発言内容も評価の目的を理解したものが少しながら増えてきています。

 調整会議の中では評価者側と学校側そしてコンサル側の意見相違は見受けられますし、さらには感情的な対立も起こります。私も相当辛らつなことをお伝えします。

 お金をもらってコンサルしているわけですから、相手の評価能力向上のために、遠慮することはありません。(アホ・ボケ・カスとまでは言ってませんが・・・)

 やはり人事評価能力もヒューマンスキルゆえその向上には時間がかかります。学校での人事評価は私立も公立も含めてまだまだ発展途上の段階です。

 学校組織や教員職員のレベルアップのために、人事評価は有効な施策の一つです。年度末評価ではさらにレベルアップできるよう取組みたいと思います。
posted by つゆ☆チャン at 00:28| Comment(0) | 人事労務

次世代育成支援対策推進法

 10月1日に大阪労働局主催の「次世代育成支援対策推進法説明会」に参加してきましたので、その概要をお知らせします。

 一言でいえば「少子化対策のためにあなたの会社はどう行動するのか?」を問われています。子どもを産み、育てやすい環境を作るのは企業もその責任の一端を担っているということです。確かに人口が減少して国力が増加することはあり得ません。

 ただ、国が企業に要求する内容は厳しいものではありません。具体的には以下のようなものです。

1.平成23年4月から一般事業主行動計画の策定・届出義務企業が、労働者数301人以上が101人以上になります。

2.一般事業主行動計画の公表と従業員への周知が義務化されました。

3.認定マーク「くるみん」の認定基準が変わりました。

 一般事業主行動計画そのものはそんなに難しい内容ではありません。むしろ子育ての主体となる女性従業員にとって優しい企業であることは、社内的にも社外的にも有効です。

 大企業では当たり前の労働環境を中小企業も実現しなさいということではありません。今より意識的に子育て支援レベルを多少上げていただくだけです。また、子育て支援レベルを上げることに対して助成金も支給されます。

 貴社の子育て支援レベルがどの程度なのかをチェックできるサイトもあります。
           ↓
     http://www.familyfriendly.jp/
 是非、中小企業の経営者は、従業員のため、社会のため、自社の成長のために子育て支援の環境整備に取組んでいただければと思います。
posted by つゆ☆チャン at 00:04| Comment(0) | 人事労務

2009年10月04日

第2回チームコーチカンファレンス

 3日(土)は東京で開催されたチームコーチコンファレンス(以下TCC)に参加。参加者が定員200名を超える盛況ぶりでした。日帰りでしたが、4時間のセミナーのために新幹線を使って行った甲斐があったと思えるぐらい、グッとモチベートされて帰ってきました。

 このTCCは、私も受講したPHPビジネスコーチ養成講座の先輩方が企画しているものです。「チーム日本の創生」という壮大なテーマを掲げ、組織や企業でのチーム作りに関わっています。

 今回は第2回目ということで、チームコーチングの第1人者である田近講師の基調講演に加え、企業での具体的な取り組み事例の紹介がありました。第1回目は私自身がチームコーチングというものがよくわかっていなかったこともありますが、今回は遥かに進化した内容で満足です。

 グループワークを取り入れ、理解と気づきが深まる仕掛けに加え、やはり田近講師の話やパフォーマンスは期待を裏切りません。講座の受講生にとっては見慣れた姿とはいえ、感動すら覚えたのは私だけでしょうか?

 さて、チームコーチングは、グループをチームの変容させていくプロセスに介入し促進させ、成果の実現に導くものと理解しました。日本の企業では、個人成果主義の行き過ぎからか、最近はチームや組織ワークに再注目されています。しかし、多くの組織や企業で、チームといえる状態は残念ながらあまり見ることができません。さらに、昔のように上位下達の指示命令で動くほど、簡単なものではありません。その効果的な手法の1つがチームコーチングです。

 この厳しい状況を打開するのは、一部のスーパービジネスマンが成果を発揮するか、普通のビジネスマンがチームになって成果を創るかどちらかでしょう。

 そんな組織に貢献できるよう私自身が外部からチームへの進化プロセスをフォローできるよう学びを続けていきたいと思います。
posted by つゆ☆チャン at 22:25| Comment(0) | 学びの旅