2009年09月05日

FM大阪開局40周年ライブ〜君と歩いた青春

 昨日(4日)は久しぶりに大阪城ホールへ、わが青春へタイムスリップしてきました。70年代フォークはまさに自分の10代と重なります。今回の出演者の顔ぶれが、私の大好きなアーティストばかりです。

 フォーク界のさきがけ 重鎮 加藤和彦(元フォーククルセイダーズ)

 フォークの代名詞 南こうせつ(元かぐや姫)

 ショウヤンこと伊勢正三(元かぐや姫)

 稀代のヴォーカリスト 山本潤子(元ハイファイセット)

 400曲もの作曲を提供してきた尾崎亜美

 とても孫がいると思えないイルカ

 渋い歌声は健在 杉田ジロー(元ジローズ)

 今なお中年のアイドル 太田裕美

 わが青春の3大名曲「オリビアを聴きながら」「卒業写真」「木綿のハンカチーフ」を、本人の生うたで聴けただけで十分満足。また、当時のいい歌が数多く聴けただけではなく、ここでしか見れないコラボがまた最高。さらには、MCがおもしろ〜い。年齢と共に語る内容が笑いのツボをしっかり押さえています。

 さすがプロ!と思うのは、50〜60台になっても、昔と変わらずクリアでハリのある声を出せるということ。昔のCDを聞いているのと違和感がありません。

 最後は「あの素晴らしい愛をもう一度」を出演者全員のみならず、会場のお客さんと一緒になって歌うことでできました。さらには、アンコールで「翼を下さい」を全員で合唱。山本潤子さんの透き通る高音にひきづられながら、気持ちよく歌えました。

 6時半にスタートしたライブですが、終わってみれば10時過ぎ。大阪城ホールから出て駅までに感じる心地よい風がいっそうこの日のライブを余韻を楽しませてくれます。

 1週間前に行ったa−nationとは対極にあるライブでした。フォークという歌のジャンルを超え、「いい歌」はいつでも人の心に響き、いつまでも歌い継がれていくんでしょうね。また、行きたいですね。

 ちなみに、このライブの模様は読売テレビで11月3日?に放映されるようです。たぶん関西ローカルの放送と思いますが、関心ある方はチェックしてみてください。
posted by つゆ☆チャン at 12:40| Comment(2) | 日記