2009年08月31日

総選挙結果について思うこと

 開票前の予想通り?いや予想以上かも知れません。ホンマに300議席なんかにいくんかいな?と極めてマスコミ予想に懐疑的でしたが、結構精度高いんですね。ビックリしました。

 さて、ようやく長きにわたった自民党政治が終わりました。小泉さんの登場が終わりの始まり。「構造改革」の必要性は理解しますが、「郵政民営化」が第一優先順位ではないはず。

 自民党の敗因は明確です。主に3つの理由を上げてみました。

 第1に、変化に対応できる政治というサービスが提供できなかったこと。どの会社も消費者に受け入れられる商品やサービスを提供し、それがタイミングよくできなかった場合は倒産に至ります。

 相変わらず利権誘導的なこと。社会保障費を抑制し、教育費を削減し、道路や箱物つくりを未だにやってきたという事実。族議員の存在が象徴的です。

 第2は説明責任の問題。消費税増税ということは言いましたが、国の借金をどうするのでしょうか?借金が多いことが、金融市場での日本への信頼を下げています。特別会計など私たちがよくわからないとことで何が行われているのか?官僚達がどう意思決定をしているのか?その政策決定プロセスは不明であり、積極的な情報開示はありませんでした。

 第3はリーダーシップの欠如です。これは言うまでもありません。小泉さんがリーダーシップがあったのか?あれをリーダーシップというにはレベルが低すぎます。安倍、福田さんは論外。で、麻生さんはわが国の総理大臣として認めるには知的レベルが低い。

 政治の場合は、耳あたりのいいことばかり言っていては、どうにもなりません。変化に伴う痛みもあるわけです。

 
 鳩山民主政権は上記3点の逆をやってほしい。これだけの議席を獲得したことは消極的ながらも期待の表れ。小沢さんの悪いクセが出ないことをひたすら祈るのみです。

 それにしても、前回の郵政選挙といい、今回の政権選択選挙といい、民意が大きく振れ過ぎる印象があります。小選挙区という制度の影響もあるでしょうか、次回はいったいどうなっていくのでしょうか?
 
posted by つゆ☆チャン at 11:24| Comment(0) | 日記

第6回情報マネジメント研究会

 30日(日)の午後は、毎月最終日曜日に参加している真・報連相の勉強会。代表の糸藤さんも参加され、いつもとは違う形で行われました。
 
 事例発表を2名の方からしていただきましたが、とても刺激になりました。最初にお話いただいたKさんは、講師実績多数であり、語り口もおもしろい。明るいキャラに加えて、身振り手振りも大きく、分かりやすい。しかも、研修獲得活動の裏話まで聞かせていただき、大変参考になりました。

 私の場合は、まずは研修企画書が課題ですね。

 2番目にお話いただいたのはAさん。社労士としても真・報連相会員としてもたった2ヶ月。なのに、もうある会社で真報連相研修をやっているという事実。

 自信がないということで私は断っていましたが、早く自分を追い込んでチャレンジしないといけない、と焦ります。

 「社労士」と「真報連相」というキーワードでつながっているグループです。是非一緒に何らかの企画を実現できれば・・・。
posted by つゆ☆チャン at 10:59| Comment(0) | 学びの旅

a−nation09

a-naition09.JPG

 29日(土)はエイベックス主催のa−nation09を行ってきました。場所は大阪の長居スタジアム。

 正直言って私のようなオジサンが行くところではありません。一緒に行った妻や娘のお目当ては「東方神起」。娘に釘を刺されたことは「東方神起の時は盛り上がってよ!」と。何かと忙しいのに、なぜ行く気になったのか、今となってはよくわかりません。

 さて、エイベックス所属のアーティストが多数登場するこのライブ。確かにテレビに見る方々はいっぱい。島谷ひとみ、hitomi、TRFなどなど。

 会場を一番沸かせたのは東方神起でした。悲鳴と思える歓声が長居スタジアムにとどろき、東方神起の緑のタオルが振られ、「勢い」を感じます。

 また、エイベックスの4番「浜崎あゆみ」が当然トリ。別格の扱いです。生あゆが見れたことが私自身の喜びでしょうか?


 さて、a−nationというお祭りに参加して感じたことを少々。

 日本の音楽シーンを牽引しているのは、確かにエイベックスかも知れませんが、今の時代の空気感とのギャップを感じます。軽快なサウンドに乗せてダンスをし、歌う姿はカッコイイ。エイベックスが昨年から売り出したGIRL NEXT DOORがそれなりにしか売れていないのは、もはや時代がエイベックスに多くを求めていないのでは?

 もう一つ。ステージの前半は今から売れていくはずのアーティストが多数登場しました。正直、浜崎あゆみより可愛い、歌がうまい、ダンスができます。

 でも、存在感が違いすぎます。これをブランドというのか、カリスマというのかよくわかりません。簡単に言えば放つオーラが違うのです。コアなあゆファンならずとも、期待に応えてくれる安心感と満足感を味わえます。

 あゆへの道は遥かに遠いですが、日本の音楽シーンにはなくてはならないアーティストとして、いいパフォーマンスを発揮してますますオジサンを楽しませてほしいものです。
posted by つゆ☆チャン at 10:42| Comment(0) | 日記

2009年08月28日

「ほめて・しかる」で部下を劇的に伸ばす「20代男子」戦力化マニュアル

QOjq}jA.gif

 著者 斎藤直美 日本実業出版社 1300円(税別) 09年5月初版

 7月に名古屋である研修を受けた際、講師の1人から「今から友達が大阪で出版記念講演会をするので来ませんか?」とお誘いを受けたのがきっかけで、購入して読んだ本です。(記念講演会には行けませんでしたが)

 20代男子。私の印象は極めて悪いです。精神的にはこども。同世代の女子と比べて幼い。プライド高し。打たれ弱い。甘い。結果、仕事いまいち。ずいぶんボロクソ書きましたが、何を隠そう、来年就職するわが子も同様です。

 そんな彼らを見捨てることなく、やり方によっては戦力にできますよ、という著者の勇気が出るメッセージ。

 「ほめる・しかる」が自由自在にできる方はこの本を読む必要がありません。でも、私も含めて今より少しでも「ほめる・しかる」が上手くできれば・・・と悩んでいるビジネスマンは多いことでしょう。

 「ほめる・しかる」のテクニックの前に「信頼力」が重要と著者は言います。その信頼力は「聴く力」。ここで相手とラポールが築けて初めて「ほめる・しかる」が有効になります。

 「ほめる・しかる」スキルについては、同類の本と内容は一部かぶります。しかし、シダックスという若い世代が働く会社で教育担当をしてきたという実績が説得力を持たせます。

 扱いにくい20代男子をどう変化させるかはあなた次第。是非、この本を読んで実践しましょう。
posted by つゆ☆チャン at 19:07| Comment(3) | 書評

2009年08月27日

マニュフェストVSネガティブパンフ

 選挙戦ももはや終盤。民主党が300を超える議席を獲得しそうな勢いですが、本番はどうなるんでしょうか?政権交代はリアルになってきつつある現在、政策の変更は一国民である私の生活に影響があるだけでなく、仕事そのものに直接影響します。

 麻生内閣が補正予算を組んで雇用対策を行いましたが、いわゆる休業対応の助成金は、一時的とはいえ、一部の社労士は相当忙しくなっていると思います。また、他の助成金もうまく取り込んでいればそれなりに売上に貢献しているはず。

 民主党政権になればいったいどうなるのかは現時点では予測不可能です。政策を実現していく上では、手続や合意調整などハードルがいくつもあるに違いありませんからね。

 さて、たまたま駅で配っていたということで民主党のマニュフェストを入手できました。既にマスコミでさんざん宣伝されているので大方の内容については理解しているつもりです。

 年金、医療・介護、教育、雇用、教育、中小企業対策など私自身が関係する分野での変化の方向を知っておかないと、ビジネスチャンスをものにできません。(そもそもビジネスチャンスになり得るのかどうか?)関係するページはしっかりと読みました。

 そんな中、劣勢が伝えられる自民党のパンフが事務所ポストに入ってました。いわゆるネガティブキャンペーンです。ターゲットは民主党の支持団体である労働組合の一角を占める日教組。文部省時代から対立をしてきた相手です。

 パンフの中身はパロディとしてはおもしろいですが、やや行き過ぎの感があります。論理の飛躍が甚だしい。こんな詭弁を論じることにエネルギーを費やすより、この4年間何をやってどんな実績を残してきたのかを訴えてほしい。

 かつてないほどの大惨敗が予想されているだけに、悪あがきにしか見えません。いちゃもん付け野党として存在していくならともかく、与党初心者の民主党に切り込む機会はいくらでもあるはず。

 政策で判断してもらいたいと麻生さんがいうのであれば、できればマニュフェストとセットでポスティングしてもらいたいものです。

 いずれにせよ、民主党政権ができ、社会を支える基盤や仕組みが変わることは間違いないようです。

 
posted by つゆ☆チャン at 13:32| Comment(0) | 日記

2009年08月25日

人事評価ガイドライン研修

 今日(25日)は学校法人の評価者研修。評価者研修は何度も実施していますが、今回は評価レベルのバラツキを解消すべく、評価ガイドライン作成のための研修でした。

 昨年1年間実際に人事評価をしていただきましたが、初年度ということもあり課題は残りました。特に評価者間のバラツキが大きく、評価調整会議では調整し切れないぐらいだったので、抜本的対応として評価ガイドライン作成研修の実施に至ったわけです。

 人事評価は本質的に主観的なものです。どんなにエエカッコ言っても客観的になることは不可能です。ただし、その主観的判断が説明の付かないものでは、評価される側は不信感を持ってしまいます。

 評価ガイドラインは、どの評価者がみても、どの被評価者がみてもどんな行動や状態がどの評価レベルに該当するのかを理解できるものでなくてはなりません。今回の研修では、評価項目ごとにグループ討論を通して、期待される行動や状態を文章化していく作業でした。

 もう少し精査が必要ですが、感覚的には評価レベルの統一がかなりの程度までされたようです。教育機関を取り巻く状況が厳しい中生き残りをかけていい教育レベルを提供できる教員・職員の活性化につながることを期待しています。
posted by つゆ☆チャン at 17:42| Comment(0) | 人事労務

2009年08月24日

船井総研人事制度勉強会(その4)

 今日(24日)は船井総研の人事制度勉強会の4回目。評価や賃金に関わる内容でした。

 今回の学びは、賞与やインセンティブ給の基本的な考え方を確認できたこと。そして、ここでも労基法との関係を質問しているメンバーがおられ、社労士が人事制度に関わる必要性を実感できたこと。

 比較的白黒つけやすい労基法の考え方に比べて、白黒を付けられない人事制度のあり方は難しいと思っていましたが、そもそも労基法を十分理解されていなければ、人事制度構築は必要以上に難しそうです。

 講師の先生に講義後いろいろ質問させていただいた内容も参考になりました。私の人事制度の構築手法は船井総研と若干違いがあるものの、考え方そのものに大きな隔たりがあるわけではありません。現在進めている介護業界の人事制度に対してもヒントをいただきました。

 次回(9月)で最後になりますが、次回もできる限りの質問ができるようこの1ヶ月実践していきたいと思います。
posted by つゆ☆チャン at 19:15| Comment(0) | 学びの旅

祝!女子マラソン尾崎選手銀メダル

 昨日(23日)の夜、興奮しましたね。見事、女子マラソンで尾崎好美選手が堂々の2位。最後の2キロで中国の選手に離されてしまったのが残念でしたが、すばらしい結果でした。

 なぜこんなに共感するかと言えば、高校時代パッとしなかった選手が、山下監督の指導の元、遅咲きながら見事花開いたというストーリー。

 当初の「入賞したい」という願望が、直前には「メダル取れるかも知れない」という確信に変わっていったようですが、どんなメンタルトレーニングをしていたのか興味深いところです。

 もちろん、メンタルトレーニングが有効なのも、過酷なフィジカルトレーニングをしたからこそ。でも、インタビューも嬉しさ一杯というより、やや控え目にはにかみながら表現していた印象があります。もちろん最後は力尽きたということでの悔しさもあるでしょうが、やるべきことをやってきたからこその当然の結果としてこのすばらしい結果を受け入れているようにも感じます。

 「あきらめなければ夢は叶う」と高橋尚子さんがよく言っていました。尾崎選手が、高校卒業以後10年間も競技を続けていたから手にした栄誉です。

 2012年のロンドン五輪へのいいスタートになればいいですね。全くレベルは違いますが、わたしも10年間走り続けたいと思います。
posted by つゆ☆チャン at 12:32| Comment(0) | 日記

2009年08月22日

セルフトークマネジメントのすすめ

Ztg[N}lWg.jpg 

著者 鈴木義幸 日本実業出版社 1500円(税別) 08年5月初版

 法人向けコーチング研修会社のコーチエイの代表である著者はダイヤモンドオンラインにもコラムを執筆されています。さすがにビジネスシーンでのコーチング経験が豊富なだけあって、コラムはいつも興味深い内容で必ず読んでいます。

 この本は買ってしばらくは読んでいなかったのですが(未読本は10冊以上あるだろうか?)コラムに感化されたのか、読んでみようという気になりました。

 「セルフトーク」とは内なる会話のこと。自分の行動に変化を起こすには、この内なる会話つまりセルフトークが変化しないとうまくいきません。このセルフトークを「変える」「使う」「減らす」」「なくす」というふうにマネジメントするためのポイントが書かれてあります。

 外部刺激によってアイデンティティやビリーフが影響を受け、何らかの感情が起こり、結果的に行動を起こします。これがポジティブなものであればいいのですが、やはりネガティブな場面の方が圧倒的に多いのでは?

 そこで自動反応的に起こってしまうセルフトークを自らキャッチして意図的に別のセルフトークに変えてしまってはどうでしょうか?

「感情で反応」→「理性で対応」

という基本的な考えの下、変える、使う、減らす、なくすといった4つの方法を事例を上げて説明しています。

 私なりに解釈すれば、望ましい状況を実現するために「間」を設けてニュートラルな状態にしてから、目指す方向に行けるような思考を行うことなんだろうと考えています。

 ネガティブな感情が起こったら、それを少し離れて味わい、手なずけ、承認する。そうすれば、感情はプラスに転じてポジティブな行動を起こすきっかけを作ってくれます。

 まあ、言うは簡単ですが、実際は苦しい状況の中で、意識・感情・行動の変化が求められます。そういう意味では、あえてそんな環境に身を置いて慣れておくのも必要ですね。

 プレッシャーのかかるハードルの高い仕事は意識して引き受けないといけませんね。

 

posted by つゆ☆チャン at 18:46| Comment(0) | 書評

しがみつかない生き方〜「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール

?.jpg

 著者 香山リカ 幻冬舎新書 740円(税別) 09年7月初版

 <勝間和代>を目指さない。

 という本の帯に惹かれて(新聞の広告でも同様)ついつい買ってしまいました。自分自身明らかにしがみついていると思われるふしがあります。もっと言えば、人は誰でも何かにしがみついて生きてるものとも言えます。

 精神科医の香山さんのこの本では、主に仕事を通じて感じた「しがみつくことの危うさ」を10のルールとして紹介しています。ちなみにどんなルールがあるかと言えば・・・

  1、恋愛にすべてを捧げない
  2、自慢・自己PRをしない
  3、すぐに白黒つけない
  4、老・病・死で落ち込まない
  5、すぐに水に流さない
  6、仕事に夢を求めない
  7、子どもにしがみつかない
  8、お金にしがみつかない
  9、生まれた意味を問わない
 10、勝間和代を目指さない

 詳しくは読んでいただければいいのですが、いずれも程度の問題と思います。ある程度はのめり込んでも、どこかで客観的な自分が必要です。迷子のように現在と行き先が分からなくなるようなことでは、人生大いに困ります。ドップリ浸かっても、クールにサバサバでもよろしくないですね。

 「そこそこ」の状態では人は幸せを感じることはできないものです。ますますインフレ化する願望と残念な現実のギャップを見て「不幸せ」を感じてしまいます。

 必要なのは「手放す」こと。特に価値観や信念、思い込み。この本を読みながら、まだまだ手放せていない自分自身に気づきます。先日もNHKに勝間さんがインタビューを受ける立場として出演されていましたが、この本を読んだ後でも「ああなりたい=発信できる人」と思ってしまいます。

 私自身、少なくとも不幸ではないはず。つまり幸せということかも知れません。でも、現状に満足することはなく、これからも何かにのめり込みつつ、打ちひしがれつつ、進めることに幸せを感じていたいと思っています。
posted by つゆ☆チャン at 16:02| Comment(0) | 書評

日本人事労務コンサルタントグループ

 20日の午後は名南経営主催のセミナーを受講。平成14年に人事あすなろ塾に受講して以来、お世話になっているコンサル会社です。今回のセミナーは「日本人事労務コンサルタントグループ」(以下、LCG)の発足に合わせて、社労士向けに名南経営がこれから取組もうとしていることについて話を聞きました。

 印象に残ったことは、人事コンサルとは言え、労務コンプライアンスに関するコンサルも同じくらいのボリュームであるという事実。しかも、これは社労士しかできない分野。

 つまり、人事コンサル+労務コンサルが高いレベルでできれば、差別化はできるのではないかと思った次第。ただ、「高いレベル」というあいまいな表現では、お客様側に訴求力はなく、具体的なコンサル事例や実績を紹介できて、インパクトを持つものです。

 今回は名南経営が長年培ってきたノウハウに加えて、各地の社労士が持つ強みを融合させて、日本一の人事労務のコンサルグループを設立したいという意図です。

 さっそく、会員として仮申込みをしてきました。自分のコンサルスキルをブラッシュアップするという点でも、最新の生きた事例を入手し、また他社労士とコラボできるという点でも期待できます。あらためて自分の進む方向が明確になったセミナーでした。

 セミナー終了後の飲み会に行けなかったのが残念ですが、これはまたの機会に。
posted by つゆ☆チャン at 15:30| Comment(0) | 人事労務

2009年08月08日

独立騒動

 芸能ニュースを人事労務視点で考える第2弾。今回は同じく羞恥心のメンバーであった野久保直樹さん。ワタナベエンターテイメントに属していた彼は、独立をしようとしたが叶わず、結局芸能界から消えてしまうかもしれない危機になっています。

 さて、ビジネスマンが会社を退職し、同業で独立しようとする場合はどうでしょうか?一般的には就業規則で競業禁止を規定している場合が多いでしょう。

 それが有効かどうかは微妙です。なんせ、憲法には職業選択の自由が保障されているのですから。じゃ、完全にNOかと問われるとそうではありません。

 退職する方の立場が重要です。幹部クラスになると会社の機密事項も知りうる立場であり、そんな人が真正面から対抗されると打撃を大きい場合があります。その場合は競業禁止規定は有効です。もちろん一定期間、一定地域という限定付きです。

 では、一般社員の場合は?おそらく競業禁止は困難でしょう。例えば美容室で売れっ子スタイリストが独立して、近くに店を構えても法的には問題ありません。もちろん、顧客リストを勝手に持ち出したり、勤務中に独立後の客の勧誘をする等といった違反行為がないという前提です。

 独立するなら、筋を通す、つまり道義的に問題のないようにすることが必要です。経営者の立場でいうならば、退職しないようなインセンティブを与える必要があります。しかし、ホンマにできる人は会社が止めても辞めていきます。

 であるならば、独立後も対立関係にならないように、話し合い、何らかの合意や契約をすることをお勧めします。

 今回の野久保さんの話は、売れ始めて勘違いして干されたということなんでしょうね。この世界と一般ビジネス界の掟はかなり違うと思います。しかし、独立してやっていくことは、雇われることの数倍しんどい苦労があり、努力と覚悟が必要です。

 俺は独立してもやっていける、と思っている凄腕のサラリーマンの皆さん、勘違いしていなきゃいいですが・・・。
posted by つゆ☆チャン at 18:38| Comment(0) | 人事労務

2009年08月06日

つるの剛士さんが育休取得

 芸能ニュースを人事労務視点で見てみようという内容です。今回は、羞恥心でブレイクしたつるの剛士さんが来年生まれる第4子の誕生に合わせて2ヶ月間の育児休職をするというネタ。

 芸能人が育児休職というのは若干違和感を感じてしまいます。浮き沈みの激しい(浮いてくるのは稀で、たいていは沈んでいくのですが)稼げる時に稼いでおかないと、2ヶ月の休んで大丈夫?と、大きなお世話でしょうね。

 さて、男性の育児休職は、ご存知の通りあまりありません。昨年の統計では1.56%の取得となっています。おそらく、取得期間も1年間もないと推測されるので、実際的には「目一杯休んだ」という感じではなく、「しばらくお休みをいただきました」ということなんでしょう。

 芸能人に限らず、1,2日の休みならいざ知らず長期間休むとなるとリスクがあるように感じます。休んでいる間、誰かがその人の仕事をしているわけですから、復帰してきても居場所がないのでは?と不安にもなるでしょう。また、会社や上司から決していい評価を得られないという将来的なリスクも感じます。

 時代が変わったとは言え、会社の上層部はまだまだ仕事最優先という価値観の持ち主。しかも現在のような不況時には人員削減の候補になってしまいます。(現に育休切りということで問題発生)

 したがって、先ほどの1.56%という数字になって表れるのも不思議ではありません。しかし、少子化は日本の国力が衰退する大きな要因。マーケットが縮むわけですから、国も様々な少子化対策をしてきました。

 今年6月に育児休業法は改正され、1年以内に実施されることになりました。その改正では、父親も子育てしやすい働き方ができるようにしています。

1、父母共に育児休業を取る場合は、1歳2ヶ月(現行1歳)になるまで育児休業ができる

2、出産後8週間以内に育児休業を取得した場合にも、再度育児休業できる

3、配偶者が専業主婦(夫)であっても育児休業できる

 つるのさん所属の事務所(太田プロ)もその間売れっ子タレントがいないのは営業的には多少影響あるかも知れませんが、復帰後のシナリオがあるんでしょう。

 そもそもヒマな芸能人はいつも休みみたいなもんですから、育児休業ではなく開店休業状態。さて、つるのさんの場合は雇用保険から育児休業給付が支給されるんでしょうか?(興味あるところです。)
posted by つゆ☆チャン at 15:28| Comment(0) | 人事労務

2009年08月05日

助成金販促活動

 8月になって再び助成金の販促活動を再開。ここ2ヶ月ほど仕掛ける仕事ができていなかったのですが、7月28日の介護事業者向けの助成金研修会でいい反応があり、すっかりモチベートされている状態です。

 スポットの助成金業務から顧問契約につながることは少ないのは事実ですが、あまり後先考えずにやっています。必要なところへ必要なものを提供できれば、まずはOKとしています。

 就活や婚活同様、まずは出会うことから始めないといけませんよね。その点、助成金はお金が貰えるというお話なので、メリットは少なくありません。今は助成金情報を提供できるチャンネルつくり。今週は、久しぶりに保険会社の複数の営業マンに連絡をし、勉強会の開催案内を提案し、8月末頃にさっそく実施することになりました。

 最終的にうまくいくかどうかはやってみないと分かりません。ただ、前向きに動いている時には、予想以上にフォローの風が吹く事はよくありました。楽しみなステージです。
posted by つゆ☆チャン at 17:26| Comment(0) | 人事労務

2009年08月03日

ランニング日誌090803

 近畿地方もようやく梅雨明け。いつもの夏のように酷暑な1日でした。ジメジメ・ムシムシもいやですが、お日様ギラギラも遠慮したいところ。「走る」ということではどちらもよろしくありません。

 昨日は久しぶりに長距離RUNに挑もうと意気込んでおりましたが、走る直前に夕立。すっかり気力が萎えます。それでも、再び気合を充電し、10キロRUNへ。

 昨年のこの時期もひどい走りでしたが、今年はもっとヒドイ!あの軽快は走りはどこへ行ってしまったのか?原因はケーキ食べ過ぎによる体重増?練習不足からくる筋力低下?単なる加齢による心肺機能低下?

 11月23日の本番まであと3ヵ月半。秋の苦行を達成するために、この酷暑を乗り切らないといけません。キレのいい走りを取り戻して、今年こそ福知山で3時間40分切りを実現したいものです。

 そうだ!思い出した!東京マラソン申し込まないと。(8月31日までですよ。)
posted by つゆ☆チャン at 18:31| Comment(2) | 日記